保険の種類

日常生活で起きるけがや病気などのリスクに備えるためには、保険への加入が重要である。しかし保険会社が販売している商品の種類が多いために、商品知識の豊富な代理店の仲介サービスの利用が便利であろう。特に日曜日や夜間にも相談可能な業者であれば、サラリーマンでも気軽に利用できるのが魅力的である。また中立的な立場で助言可能なスタッフがいる代理店であれば、相談者のニーズに最も適した商品を紹介してくれるであろう。そして新規に保険に加入する人だけではなくて、見直しを考えている人も利用しやすいのが大きな特徴である。特に見直しの相談をすることで、毎月の支払額を減らせるだけではなくて、最も必要な保障を充実させることも可能である。

新規に保険を契約したり見直す場合には、費用対効果を考えることが最も重要である。そのために各種保険商品を仲介する代理店は、お金についてのトータルアドバイザーとしての役割を果たすであろう。特にファイナンシャルプランナーの資格保有者がいる代理店も多いので、収入や支出を考えながら最適な商品を紹介することも可能であろう。また時代とともに新しい保険商品も増えているので、仲介業務を行う代理店は今後も最新情報の発信拠点としての役割も果たすであろう。そして今後は高齢化に向けて、新しい商品を提案する役割を果たすことが代理店に求められている課題である。そのためには終身タイプの医療保障や、介護サービス付きの商品の紹介も必要であろう。